傾向と対策


●高等学校 英語●

英語の入試問題は単語、熟語、文法事項のどの分野とっても標準的な内容になっています。また、出題形式も毎年大きな変更はありません。
それはなぜかというと、中学生の皆さんに求めているのは、特殊な受験問題の解き方のテクニックではないからです。大切なのは、皆さんが中学校で学ぶべき単語、熟語、文法事項をしっかりと身につけているかどうかなのです。
具体的には、次の点に留意しながら勉強を進めてください。

(1) 単語は意味、つづり、発音を暗記し、熟語は意味と使い方を理解しながら、例文をすくなくとも一つは覚えよう。
                           
(2) 文法事項については、細かい決まりにとらわれずに、まず、英文を理解する上で大切な決まりをしっかり覚えましょう。たとえば、英文を見たら“何となくこんな感じだろう”といったフィーリングでとらえるのではなく
主語は何か、動詞は何か
不定詞、分詞、動名詞などがその文の中でどんな働きをしているのか
時制は現在か、過去か、未来か、それとも現在完了か
述語動詞は能動態か、受動態か

などを見きわめるように心がけましょう。



■過去の問題を見る








入試問題傾向と対策に戻る





お問い合わせ
Eigo@kikuka-hs.suginami.tokyo.jp


菊華中学・高等学校
〒166 杉並区阿佐ヶ谷南2丁目30番17号
TEL: 03(3316)3311
FAX: 03(3316)3310