「今月の短歌」
1998年  2月

中田 實

国語科教諭


前の月   次の月

GO TO HOME

理科室無音の人体標本 骨を組み臓器を入れて立ちてをり
等身大の我を写さず 地下鉄の一枚ガラスの向こう側